ご挨拶

当協議会は、プラスチック製容器包装の3Rを推進する特定事業者の団体及び企業を会員とする事業者団体です。

容器包装リサイクル法では、プラ容器包装を利用する事業者、容器を製造する事業者を特定事業者に位置づけ、市町村が分別収集したプラ容器包装のリサイクル(再商品化)を義務づけています。
また平成20年の法改正では、リサイクルに加えてリデュース、リユースにも取り組むべきことが示されました。

 当協議会は、この容リ法の規定に基づく責務、方針を受けて、循環型社会を目指す事業者の団体として、プラ容器包装の3Rの推進に取り組んでいます。

 特に、リサイクルについては、効率的なリサイクル(再商品化)システムを構築するべく、関連省庁や公益財団法人日本容器包装リサイクル協会をはじめ関連諸機関や企業、さらにはリサイクル関連事業者、自治体、市民・NPOなどの各主体と連携して、課題解決に向けた幅広い活動を展開しております。

 また、リデュースの推進も、特定事業者の重要な使命であると位置づけて、2015年を目標年度とする自主行動計画に取り組むとともに、プラ容器包装の環境配慮設計も推進しております。

 さらに、市民、自治体など各ステークホルダーとの連携のための意見交換や各種イベントなどを通して、主体間の連携による協働にも取り組んでおります。

 より良い循環型社会を目指して活動する当協議会に、今後とも皆様のご支援、ご指導をよろしくお願い申し上げます。

 

プラスチック容器包装リサイクル推進協議会

ページの先頭に戻る