分別収集で気をつけること

使用済みのプラスチックの容器や包装は、「資源ごみ」として回収され、様々な方法を用いてリサイクルされます。

より効率的にリサイクルをするためには、国や自治体・企業だけでなく、消費者の皆様の協力が必要不可欠です。

ポイント

1.使い終わったプラスチックの容器と包装は分別しましょう。

金属やガラスといった異物が混ざると、分別が困難になるだけでなく、場合によっては機械が壊れたり、事故につながる可能性があります。

 

2.食べ残したものや中身が入ったまま出さないようにしましょう。

リサイクルの過程で、衛生上問題が多く、ハエなどの害虫や悪臭の発生原因になります。

 

 

プラスチック容器包装の上手な排出方法

上記のポイントを踏まえ、「プラスチック容器包装材を、 出来るだけ環境に負荷を与えずに きれいにする方法」を掲載しました。
一般の方にもご理解頂けるよう、楽しいイラストを交え、日常生活の中で一手間加えるだけで簡単に実践できる事例をご紹介しています。

※ 下記資料は2014年12月15日「第9回容器包装3R推進フォーラムin品川」の資料から引用し ています。

詳細はこちら