リサイクルするためのそれぞれの役割

使用済みの商品を再使用または、新たな商品の原材料として使用できる状態にすることで、循環型社会を作っていくためのキーワードの一つになっています。

 

リサイクルできるものの一つとして、プラスチックがあります。
プラスチック製の容器や包装が使われている商品は、私達の身の回りにたくさんあります。この使用済みのプラスチック製の容器や包装は、「資源ごみ」として回収され、様々な方法を用いてリサイクルされます。

 

リサイクルを上手に進めるためには、国や企業、商品を購入して利用する消費者が協力しあっていくことが必要です。

 

1.皆さんの家庭(消費者)

使用した容器や包装を綺麗に洗って、みなさんの住む町(自治体)のごみの分別排出方法に従って、資源としてだす

 

2.皆さんの住む町(自治体)

容器や包装を種類別に回収する。その後、プラスチック容器包装では、ビン・缶・PETボトルなどの異物を取り出し、保管や運搬しやすいように、圧縮梱包して保管する。

 

3.リサイクルする会社(再商品化事業者)

容器や包装を再び資源として利用できるようにリサイクルする。(再商品化)

 

容器や包装を作ったり、利用する会社(特定事業者)

リサイクルするための費用を負担して、リサイクルする会社(再商品化事業者)に協力する。