法律とプラマーク

罰則

特定事業者が、法に定める義務を履行しない場合には、以下の罰則が適用されます。

 

主務大臣からの指導及び助言を受けた後に勧告、その旨の公表、さらに命令されたにもかかわらず、その命令に従わなかった場合

⇒ 罰金 100万円以下

 

 

帳簿の記載、真実の記載及び保存をしなかった場合

⇒ 罰金 20万円以下

 

 

報告を求められた時、報告しなかったり虚偽の報告をした場合

⇒ 罰金 20万円以下

 

 

係官の立入検査に協力しなかった場合

⇒ 罰金 20万円以下