用語解説集

た行

 

 

ただ乗り事業者

【用 語】 ただ乗り事業者
【読み方】 ただのりじぎょうしゃ
【説 明】 特定事業者で再商品化義務を負っているにもかかわらず、再商品化義務を果たしていない(再商品化委託費用を支払っていない)事業者のこと。義務不履行者。なお、再商品化契約は、1年間の単年度契約であるため、毎年申込みを行い、再商品化委託費用を支払う必要がある。過少申告者も「ただ乗り事業者」である。容器包装リサイクル法では、特定事業者が義務を怠った場合、罰則規定が適用される。
なお、指定法人のホームページでは、再商品化委託契約をし、委託料金を完納した特定事業者を「義務履行者リスト」として掲載している。
【備 考】 -

 

 

中間処理

【用 語】 中間処理
【読み方】 ちゅうかんしょり
【説 明】 異物を取り除き、異物を、再資源化施設・可燃・不燃処理施設へ分別し、 運搬するすべての工程。
【備 考】 -

 

 

特定事業者

【用 語】 特定事業者
【読み方】 とくていじぎょうしゃ
【説 明】 その事業において、特定容器(スチール缶・アルミ缶・ガラスびん・段ボール・紙パック・紙製容器・PETボトル・プラスチック製容器等)を利用・製造等する事業者や、特定包装(容器包装のうち特定容器以外のもの)を用いる事業者(小規模事業者等を除く)。そのうち、ガラスびん・PETボトル・紙製容器・プラスチック製容器を利用・製造等する特定事業者および紙やプラスチックの包装を用いる特定事業者は、「再商品化義務」を負う。
【備 考】 -

 

 

一覧ページヘ戻る